法律の中には民事法と言うのがあります

法律の中には民事法と言うのがあります。
簡単に言えば、国民のための法律です。
即ち、人です。
家庭が含まれます。
つまりは家庭内問題と言う事になります。
一番が離婚問題、そして親子の問題が多いです。
この一番多い離婚問題ですが、これを解決すると言うのが家庭裁判所と言う事になります。
家庭裁判所で解決する事の方法として離婚調停があります。
つまりは、夫婦間で話し合っても、解決出来ないと言う事で、この調停に掛けられると言う事になる訳です。
離婚は、婚姻届け同様に、離婚届けに夫婦捺印署名しなければ認められないと言う事になります。
夫、妻が二人とも同じ考えでないからこそ、離婚調停となる訳です。
特に子供が存在するのであれば、その親権を争う事にもなります。
何故、離婚を認める事が出来ないのか、何故離婚だと言い張るのかと言う事を話し合います。
お互いが納得する以外に道はない訳ですが、その原因と理由、そして本人同士が納得できない事を納得まで導くと言うのが法律の判断と言う事になります。